Peru COE2018 #4 Finca Candelaria 200g

販売価格
3,600円(内税) / 3,600円(内税)
豆or粉
購入数
Peru Cup of Excellence 2018 #4
Finca Candelaria

昨年10月ペルーのカップオブエクセレンスに審査員として参加してきました。そこで評価し落札した思い入れのあるコーヒーです。

当店ではここ数年、CECOVASA(セコバサ)という輸出業者から、ボリビアにほど近い Puno(プーノ)県、サンディア渓谷のコーヒーを取扱いしています。落札した4位(プーノ産としては最上位)のコーヒーもプーノ県 サンディア渓谷 アルトイナンバリという場所のそれで、ポテンシャルに満ちた素晴らしいコーヒーがあります。COEへの出品数は少なく全体の2.5% に過ぎないのですが、インターナショナルのセレクションにおいては 11%以上のコーヒーがPuno県産です。他は落ちてもプーノのコーヒーは優秀で落ちない、この数字にポテンシャルの高さが表れています。ではなぜ出品数が少ないのか?ポテンシャルを秘めた土地ながらもアクセスやロジスティクスに難ありなわけです。これは体験してきました。

チチカカ湖近くの最寄りの空港から車で危険な道を10時間程かけて行きます、途中高度4500mを超える山岳地帯を超えてようやく、まさに秘境とも言える場所、サンディア渓谷に行き着くのです。非常に大変な道のりですがコーヒーは素晴らしいものがあり、また行き来が少ないためか、伝統的な品種が多く残っています。コーヒーを輸出するにも同じ道を通らざるを得ません。決してコーヒー生産が容易な場所ではありませんが、残って行くことを願うコーヒー産地です。

フロレンシア・ママニさんファミリーが旦那さんと経営する小規模農園です。イナンバリにおいても標高1900m を超える場所はほぼなく、非常にポテンシャルに満ちた土地です。しっとりしたフローラルなアロマ、豊かで深いフルーツ感を是非味わってください。

生産者 : Florencia Mamani Calcina
農園名 : Candelaria
生産国 : Peru
地域 : Alto Inanbari, Sandia, Puno
標高 : 1,909m
品種 : Bourbon, Red Caturra
生産処理方法 : Washed
フレーバープロファイル : Floral, Guava, Blue berry, Lychee, Plum, Watermelon, Honey, Lively, Clove