Colombia Finca Veracruz Dark Roast 400g

販売価格
2,600円(内税) / 2,600円(内税)
豆or粉
購入数
1980年代にPedro Echavarria氏によって、”Santa BarbaraEstate”というグループが作られ、コーヒー生産が始められました。彼は当初より、マイクロクライメイトの多様性がコーヒーの品質にどのような影響を与えるかということを重要視しており、恵まれた火山性の土壌、高い標高、コーヒー生産における伝統や慣習などが複雑に絡み合っている、Antioquiaのアンデス山脈に小さな農園を設立しました。 特にここ5年間において、Pedro氏と彼の息子Pedro Jr.氏は、農園内に深く入り込みながら、より良い品質のコーヒーを作るためにはどうしたら良いかということを考えてきました。Finca Veracruzのロットは、16ha程のコーヒー栽培エリアから収穫されたもので作られており、農園内に併設されているミルで生産処理されています。
"ExtendedFermentation Process"Finca Veracruzでは、3〜5日間でピッキングされるチェリーを一つのロットにして、分けて処理しています。収穫されたチェリーは、その日の内にパルピングされ、醗酵槽に運ばれ、前日に醗酵槽につけられたパーチメントに注ぎ足されます。彼らは、この製法を"ExtendedFermentation Process"と呼んでいます。このプロセスでは、pHレベルをよりアルカリ性が高いレベルにキープできるようになります。醗酵工程中にpHレベルが酸性に近づくと、バクテリアの活動が活発になり、好ましくない酢酸系の酸のコーヒーとなったり、過度に醗酵が進みすぎたりしてしまいます。これらを抑え、フルーツ感を残しつつ、好ましくない酸にならないように、特にpHのコントロールに気を遣いながら、このプロセスを実現しています。彼らのプロセスに対するインスピレーションの源は、AntioquiaとHuilaの小さな生産者から得ています。彼らは一日の収穫量が少ないため、2〜3日間で収穫されたチェリーを注ぎ足し、醗酵工程をとるというプロセスを行っています。

特徴的なプロセスにより、複雑な甘さを持ちながらもクリーンに仕上がったこのコーヒーをダークローストにしました。カカオやキャラメルの風味、丸みと厚みある質感からトロピカルフルーツや赤ワインのような甘さの余韻が続きます。
生産者 : Echavarria familly(エチャバリア一家)
農園名 : Veracruz(ベラクルス)
生産国 : Colombia
地域 : Amaga, Antioquia(アンティオキア県、アマガ)
標高 : 1,650m
品種 : Colombia, Caturra(コロンビア、カトゥーラ)
生産処理方法 : Fully washed, Extended fermentation 
ローストカテゴリ:Dark roast

*本商品はダークローストです。
素材とローストにより、熟したベリーやキャラメルのような甘い香味、カカオ分の高いチョコレートのようなボディや後味に仕上がっています。深煎りにおいても大事なのは素材の力、ローストに負けない力強い個性を持ったコーヒーです。