Perú Maria Esmilda 200g

販売価格
1,500円(内税) / 1,500円(内税)
豆or粉
購入数
継続して取り扱いしてきたペルーのコーヒー。2018年には産地を訪ねました。
これまでは南部プーノ県のコーヒーを取り扱いしてきましたが兼ねてからお付き合いしてきた輸出業者が解体状態となってしまい、別の輸出業者からの優れたコーヒーを買い付けるに至りました。ペルーにおいて高品質なコーヒーを多数生み出すエリア、Cajamarca(カハマルカ)のコーヒーです。ペルーでは2018年から始まった Cup of Excellence において受賞の半数程度がこのエリアからということからも、ペルーにおいて高品質スペシャルティコーヒーを生み出す主要産地と言えます。

ペルーのコーヒーの多くは小規模な農家の手によって生産されています。
標高 5,000m 級の山々が連なるアンデス山脈の山間や渓谷部で無名の生産者によって細々と作られたコーヒーの中に、素晴らしい風味を持ったものが次々と発見されています。

今回当店が買い付けたのが、 1haの小規模農園を所有するマリア・エスミルダさんのコーヒーです。マリアさんは、1950年、カハマルカ県ハエンの隣のピウラ県ウアンカバンバのコーヒー生産者の家庭に生まれました。1973年に1ヘクタールの土地を買い、40年にわたってコーヒーを生産してきました。

1,925m と非常に高い標高から生まれるコーヒーは、明るく、透明感があり、甘さに優れます。また、凝縮感を持ちながらも女性的な柔らかさを兼ね備え、しっとりと、どこか気高い。凛とした佇まいの美しいコーヒーです。

生産者 : Maria Esmilda Alberca Espinoza(マリア・エスミルダ・アルベルカ・エスピノサ)
農園名 : El Pajuro(エル パフロ)
生産国 : Peru(ペルー)
地域 : Jaen, Cajamarca(カハマルカ県、ハエン)
標高 : 1,925m
品種 : Yellow Caturra, Costa Rica(イエローカトゥーラ、コスタ リカ)
生産処理方法 : Fully washed
ローストレベル:Light roast(浅煎り)
フレーバープロファイル:White flower, Japanese pear, Mayer lemon, Green apple, Juicy, Darjeeling tea, Sugar cane, Clean