Colombia Finca Roblar Roasty 200g

販売価格
1,500円(内税) / 1,500円(内税)
豆or粉
購入数
今季買い付けのコロンビアのニュークロップです。

このロブラル農園、以前にも取り扱いがあり、現地でのカッピングの際高評価を与えたので、後に彼の農園だと知って嬉しくなりました。また、今クロップの方がより風味の向上が感じられます。

奥さんの Lida さんと4人の子供と暮らすルイスさん、1999年に 5haの土地を買い、その後 5haの土地を追加購入しました。当初、カトゥーラ種を植え、コーヒーの育て方を学びましたが、サビ病と戦う術を知らず、収穫に影響を及ぼし減収。その後カスティージョ種に転換しました。この新しい品種を植えた村で最初の生産者となり、この村でのコーヒー栽培のリーダーとなっています。

2,000m を超える高地でコーヒーチェリーが紫色になるまでしっかりと糖度をあげて収穫したカスティージョ種は、クリーンかつ凝縮感のある味わいを持ったコーヒーに仕上がっています。やや深めの焙煎(Roasty) により、甘くしっかりとしたボディ感と共に、シロップ漬けのさくらんぼや、カカオ、ハイビスカスのような南国の花を思わす余韻を感じさせます。

生産者 : Luis Jaime Campo(ルイス・ハイメ・カンポ)
農園名 : El Roblar(ロブラル)
生産国 : Colombia
地域 : La Estela, Totoro, Cauca(カウカ、トトロ郡、ラ エステラ)
標高 : 2,095m
品種 : Castillo(カスティージョ)
生産処理方法 : Fully washed
フレーバープロファイル:Canned cherry, Black berry, Cacao, Syrupy, Sugar cane, Rich body, Hibiscus, Long aftertaste

カテゴリ:ROASTY

“Roasty(ロースティ)”とは通常のコーヒーカウンティのローストよりも若干深めのローストです。
浅煎りではそれぞれの豆特有のフレーバーやアシディティを最大限に引き出すことを主題にしており、ローストによる焦げた風味は極力与えないことを目指しています。
一方、“Roasty(ロースティ)”ではコーヒーのキャラクターとローストによる風味の融合を目指しています。ローストをやや進めることでキャラメルやチョコレート様の甘さが増し、酸は柔らかくボディに厚みが出て親しみある味わいとなります。