Ethiopia Riripa Washed 200g×2

販売価格
2,800円(内税) / 2,800円(内税)
豆or粉
購入数
エチオピア今季ニュークロップのリリースです。

Ethiopia Riripa Washed の産地 リリパ村 は近年高品質なエチオピアコーヒーの産地として知られてきたNanseboエリアに位置します。今年エチオピアで初開催となった Cup of Excellence においては、全28ロット中最多の8ロットがこのナンセボエリアから受賞しています。
年中雨量に恵まれるエリアで、品種はTypica 系のものが多く、隣接するSidamoエリアと比べてやや大粒の印象です。が、今回リリースするのは小粒のKurume 品種。Yirgacheffe やGuji といった代表的な名産地の味わいとは少々異なり、質感の厚みを伴ったジューシーな味わいはストーンフルーツ主体です。ネクタリンや ラズベリーのフレーバーにライムのような甘く締まりのある柑橘の風味が続きます。

本ロットは京都のロースター WEEKENDERS COFFEE の金子さんが昨年末現地に赴き、買い付けたロットを分けていただいたもので、Nordic Approach 経由のロットとなります。バイヤーとして原料の高い品質に共感しつつ、焙煎の違いでそれぞれに違った魅力が引き出されていると感じます。こういった取り組みも楽しんでいただけたら幸いです。

生産者 : Smallholder farmers of Riripa, Nansrebo(ナンセボ地区リリパ村周辺の小規模農家)
生産処理 : Haji Betro Wet mill
地域 : Riripa, Nansebo , West Arsi(ウェストアルシ、ナンセボ、リリパ)
生産国 : Ethiopia(エチオピア)
標高 : 1,900〜2,100m
品種 : Kurume(クルメ)
生産処理方法 : Fully Washed(フーリーウォッシュト)
ローストレベル:Light roast(浅煎り)
フレーバープロファイル : Nectarine, Hibiscus, Raspberry, Fig, Lime, Juicy, Clean, Structured