Nicaragua Finca La Embajada "Whole of the farm" 200g

販売価格
1,800円(内税) / 1,800円(内税)
豆or粉
購入数
"Whole of the farm"

当店の看板商品、今年もリリースできました。
開店以来当店を代表するコーヒーとして、リリースし続けている、ニカラグア、セルヒオさんのエンバハーダ農園です。

当店の歴史はこの農園から始まりました。
COFFEE COUNTY 開店前の2013年、ニカラグアに行き、生産者セルヒオさんのカサブランカ農園に住み込み農作業に従事しました。彼の所有する3つの農園のうち、最も山深く、アクセスが悪く、生産が困難な環境。だけど美しく、素晴らしいコーヒーを生み出すのがエンバハーダ農園です。

一昨年は収穫ができず、コーヒー生産者として存続の危機にあったセルヒオさん、昨年はエンバハーダ農園のコーヒー売り上げの20%をセルヒオさんに寄付しました。今年も心配しましたがなんとか無事に収穫があり、メインの Catuai DFPN(カトゥアイ種、ダブルファーメンテーションパルプトナチュラル)、また、当店の専用ロットとして作ってもらった、JAVA Natural(ハワ種のナチュラルプロセス)の豆の2種を今季は買い付けました。

サンプルローストを行い、テイスティングを繰り返す中でこの農園の素晴らしさをどう表現すべきか考えた末に、上記の2つのロットをそれぞれに焙煎し、ブレンドすることにしました。ブレンド比率は、JAVA N: Catuai DFPN = 9 : 8 となりました。

現在エンバハーダ農園では 上記の2品種を栽培しています。品種違い、またプロセス違いの2種をブレンドすることで、エンバハーダ農園全体、人も含めた意味でのテロワールをより濃く表現するコーヒーができたと思っています。

桃やグァバやを思わす甘い香り、弾けるよような口当たりからビワや白ぶどうの柔らかな果実感、ユリの花ような香りの余韻が続きます。

やはり COFFEE COUNTY にとって唯一無二、最高のコーヒーです。このコーヒーにしかない包み込む甘さの感覚、美しい余韻を楽しんでください。

農園名:La Embajada(エンバハーダ)
生産者:Sergio Noe Ortez(セルヒオ・ノエ・オルテス)
生産地域:Mozonte, Nueva Segovia, Nicaragua(ニカラグア-ヌエヴァ・セゴヴィア-モソンテ)
品種:Java, Catuai
標高:1,600m~1,650m
生産処理方法:Natural & Double Fermentation Pulped Natural
ローストレベル:Light roast(浅煎り)
フレーバープロファイル : Peach, White grape, Guava, Loquat, Lily floral, Honeysuckle, Crisp, Silky mouthfeel, Darjeeling, Elegant, Vibrant