Brazil Sitio São Bento 200g

販売価格
1,600円(内税) / 1,600円(内税)
豆or粉
購入数
ここ数年ブラジルコーヒーの多様性に感銘を受け、様々なコーヒーの取り扱いをしてきましたが、ブラジル東南部の州、エスピリトサントからは初の取り扱いとなります。近年になってコンペティション等により、高品質のコーヒーを産出する地区として注目されています。

雨季と乾季がはっきりと別れた広大な土地を機械で収穫、といった一般的なブラジルコーヒーとは別のものと考えてください。
地形は山岳地帯のそれとなり、平均気温は低く、年間通して雨が降りやすいため、コーヒーの実は一斉に熟さないので収穫期は長く、その時期はメインの産地とは大幅に異なります。

生産環境が味わいにも明確に表れています。
ブラジル豆らしいしっかりとした口当たりを持ちながらも、中南米の高標高のウォッシュトコーヒーを彷彿とさせるベリーの果実感、立体的な酸を持った素晴らしいコーヒーです。

Limaファミリーは、約40年以上にわたり、コーヒー農園を続けています。最初のオーナーが息子と娘たちと一緒に、スペシャルティコーヒーの生産のために様々な努力を積み重ねてきました。 生産処理工程においては、小さなパルパーを使い果肉除去を行っており、現在は新しいパティオが建設されています。

Bourbon Specialty Coffees社では、毎年Espirito Santo州内の生産者を集めて品評会を開催していますが、 2015年には、本農園は3位に入賞しました。その報酬として、さらに生産処理技術を学ぶためのGuatemala tourへ参加しました。より高品質のコーヒーを生産するためには、日々の努力や常に情報収集のアンテナを張り、新しいことにもチャレンジしていくことが大切だと考えています。

農園名:Sitio São Bento(サン・ベント農園)
生産者:Francisco de Souza Lima(フランシスコ ・デ・ソウサ・リマ)
生産国:Brazil(ブラジル)
生産地域:Santa Maria de Jetiba, Espirito Santo(エスピリトサント州、サンタマリアデヘティバ)
標高:1,200 m
品種:Red Catuai(レッドカトゥアイ)
生産処理方法:Pulped Natural(パルプドナチュラル)
ローストレベル:Light roast(浅煎り)
フレーバープロファイル:Black berry, Ground cherry, Rose, Blood orange, Bright, Tartaric, Sugar cane, Cashew nut, Rich mouthfeel