Colombia Finca El Naranjal "The Middle" 200g×2

販売価格
2,600円(内税) / 2,600円(内税)
豆or粉
購入数
コロンビア南部カウカ県インサ市を高品質のコーヒーが生まれる場所として注目、取り扱いしてきましたが、また一つ素晴らしいコーヒーをリリースしました。

2030m と高いエリアに1.8haの農園を持つアルミダさんのコーヒーです。1.2haにカスティージョ種、0.6haにコロンビア種を栽培しています。生産処理方法においては、伝統的なFully Washed のプロセスながらも二段階の発酵過程が取られています。パルピング(果肉除去)する前にチェリーの状態で24時間、パルピング後に24時間の発酵槽処理が行われています。

ブランデーなどの洋酒を思わせるとても甘い風味を持ったコーヒーでプロセスの過程で何らかのポジティブな発酵過程があったものと思われます。"The Middle" roast(中煎りの焙煎)でブランデーなどの洋酒、ドライプルーン、濃厚なチョコレートの甘さを感じていただけます。

農園名:Finca El Naranjal(エル ナランハル農園)
生産者:Armida Rojas Pisso(アルミダ・ロハス・ピソ)
生産国:Colombia
地域:Alto de La Cruz, Inza, Cauca(カウカ県 インサ市 アルトデラクルス)
標高:2,030m
品種:Castillo, Colombia(カスティージョ、コロンビア)
生産処理:(Double Fermentation)Fully Washed
ローストカテゴリ:The Middle(ザ・ミドル)
フレーバープロファイル:Dried Prune, Papaya, Raisin, Brandy, Chocolate, Dates, Rich mouthfeel, Long sweet

“The Middle” はこれまでリリースしていた“Roasty” の後継となります。コーヒーカウンティのメインのロースト(浅煎り)よりも若干深めのローストです。
浅煎りではそれぞれの豆特有のフレーバーやアシディティを最大限に引き出すことを主題にしており、ローストによる焦げた風味は極力与えないことを目指しています。
一方、“The Middle” ではフレーバー、アシディティ、甘さ、マウスフィールといた味わいの要素を満遍なく引き出した “中煎り” で、正に “真ん中の味わい” を目指したものです。