Ethiopia KURUME Washed -Special Preparation 200g

販売価格
1,800円(内税) / 1,800円(内税)
豆or粉
購入数
・KURUME Washed - Special Preparation

当店のフラッグシップ "クルメ"、先に Natural(完売)をリリースしましたが、続いてWashed Process のリリースとなります。原料は高いポテンシャルを持ったシダモ、ベンサ地区セゲレ村から。モプラコ社の所有するロギータWSでプロセス、当店を代表するコーヒーと言える、素晴らしいコーヒーができました。

エチオピアのシダモエリアで採れるコーヒーの品種、クルメ。農家の間ではコーヒーチェリーのサイズごとに呼び名を分けていて、大きいものを “ウォリチョ”、中くらいのものを “デガ”、小さいものを “クルメ”と呼んでいるそう。この話を聞いたとき"久留米"を拠点にローストする身として親近感を覚えずにはいられませんでした。“クルメ”にフォーカスしたコーヒーができないかな、と思ったのが2016年のエチオピア初訪問時。それから2年後の2018年、最初のロットが実現しました。

そして今回。2020年、年初の訪問時に精製の方法をさらに細かく指定しました。まずは前回同様完熟チェリーのみを集めるため、厳密なハンドピッキングが行われています。そしてそこからより小粒なものにフォーカスするため、シングルベッドサイズ程のスクリーンソーターを用いて手作業でスクリーンサイズが選別されています。
非常に小粒なため、UG(Under Grade-輸出規格外)の表示ですが、これこそが目指したもの、小さな粒の中にこの土地の持つ風味が最大限に凝縮されています。

フレッシュな野生のベリーや杏、ベルガモットのような柑橘等、たくさんの果実を思わせます。冷めるにつれて果実も熟度を増していくような感覚があり、複雑な味わいに魅了されるはず。

生産者 : Smallholder farmers of Segera(セゲレ村の小規模農家)
生産処理 : MOPLACO Trading(モプラコ社)
地域 : Segera, Bensa, Sidamo zone(シダモゾーン、ベンサ、セゲレ村)
生産国 : Ethiopia(エチオピア)
標高 : 2,150〜2,250m
品種 : Kurume(クルメ)
生産処理方法 : Washed(水洗式)
ローストレベル:Light roast(浅煎り)
フレーバープロファイル : Violet, Kokemomo, Blueberry, Apricot, Bergamot, Dense, Cardamon, Sugary, Juicy, Vibrant